京都の専修学校・各種学校の情報をご案内 京都の専門学校ガイド

一般社団法人 京都府専修学校各種学校協会

外国人留学生向け情報

 

今、日本では留学生30万人を迎え入れる計画を推進。
京都においても留学生の暮らしと学びの充実を図っています。

平成20年7月、国によって平成32年を目途に留学生受入れ30万人を目指す「留学生30万人計画」の骨子が示されました。これを受けて同年12月、京都市においても「京都市国際化推進プラン」を策定。平成29年度までに留学生を1万人倍増させることを掲げて、重点的に取り組むこととしています。そのため留学生の方が暮らしやすく学びやすい環境の整備や支援の充実を図るとともに、京都の文化芸術に親しむ機会の提供、さらには市民との交流を広げる取り組みを積極的に進めているところです。

 

日本の専門学校に留学するには3つの方法があります。
あなたに最適な留学計画を立てましょう。

スケジュール的に厳しいイメージをもたれがちなダブルスクールですが、もともと専門学校の夜間部は昼間に仕事や学業を持つ方のために時間割が設定されています。授業は1日2コマで、効率的に学べるカリキュラムが組まれているところがほとんど。授業開始が18時以降、授業終了が21時頃というところが多く、将来の目的・目標を持って学びたいという方であればだいじょうぶです。

 

A方式

まず日本にある日本語学校の入学許可を得て来日し、日本語を学んだ後で専門学校に入学する方法です。

長所

●母国で日本語を学習する時間をあまりかけなくてよい

●日本の生活・文化に慣れてから、専門学校で学ぶことができる

●日本で進学先を探すことができるので、母国よりも情報が豊富にある

短所

●来日期間が長くなり、留学費用の総額が高くなる

●日本語学習期間は最長2年までなので、その間に専門学校に合格しない場合は帰国しなければならない

 

B方式

母国で進学先を選んで出願し、来日して専門学校を受験。いったん帰国して合否結果を待ち、合格したら入学する方法です。

長所

●A方式と比べて来日期間が短いため、留学費用の総額が低く済む

●入学試験に失敗した場合でも、母国でチャンスを待って再トライできるので、時間的・費用的な負担が少ない

短所

●母国で日本語をしっかりと習得しておく必要がある

●母国から直接出願できない場合は、日本にいる知人を通じて出願手続きを行わなければならない

 

C方式

母国で受験し、入学許可を得て来日する方法です。このような選考方法を「渡日前入学許可」と呼んでいます。 ただし、現在のところ中国では日本留学試験は行われていません。

長所

●A方式と比べて来日期間が短いため、留学費用の総額が低く済む

●B方式のように受験のために来日する必要がない

短所

●母国で日本語をしっかりと習得しておく必要がある

●渡日前入学許可を実施している専門学校が少なく、選択の幅が狭い

 

A・B・C方式にはそれぞれ長所と短所があります。あなたにとって無理のない留学計画をよく考えて選択してください。

 

わかっておきたい、あんなこと、こんなこと。あなたが暮らす京都のまち。

 

歴史・文化

794年、桓武天皇が都を移し「平安京」が誕生して以来、1868年の東京遷都までの1000年以上に渡り、京都は日本の中心地でした。京都の文化はそのまま日本の文化であり、神社仏閣をはじめ、芸術・芸能、風俗・風習など当時をしのぶ貴重な文化遺産が今に数多く残されています。

地理

日本列島の本州のやや西寄りの内陸部に京都市は位置します。三方を山に囲まれた盆地であり、気候は比較的温暖であるものの、夏と冬の寒暖差が激しいことで有名です。人口は約147万人、およそ66万世帯が暮らしています。世界有数の国際文化観光都市であり、欧米やオセアニア、アジアなどから訪れる宿泊外国人観光客は316万人(2015年)に及びます。

交通

京都市内には市バス・地下鉄のほかJRや私鉄、民営バスが走っており、どこに行くにも移動はとても便利です。また、京都と市外を結ぶ鉄道網も充実しており、休日の観光などのお出かけも気軽に楽しむことができます。また、日本の鉄道は時間に正確なことで知られており、時刻表を見て計画通りに行動することができます。

ショッピング

京都市内では河原町・烏丸エリアが、大勢の人が集まる繁華街です。多くのデパートやショップ、レストランなどがあり、思い思いにショッピングや伝統の京料理などの食事を楽しむことができます。また、“京の台所”と呼ばれる錦市場は、京都の食材が揃う場所。全長390メートルの間に120以上もの店舗が軒を連ね、活気に満ち溢れています。

物価・治安

日本は世界の国々の中でも物価が高い国のひとつとして知られており、京都市もその例外ではありません。また、日本は治安のいい国ですが、過信は禁物です。貴重品の管理はもちろんのこと、戸締りをする、深夜の外出は控えるなど、自分の安全は自分で守る心がけが重要です。

住まい

留学生の住まいとしては、JASSO(独立行政法人 日本学生支援機構)が運営する宿舎や自治体、専門学校が運営する学生寮があります。民間の住居を探す場合は、専門学校の留学生担当窓口で相談するか、自分が住みたいエリアにある不動産屋を通じて探すのが一般的な方法です。

 

困ったときは

●特定非営利活動法人 京都留学生支援機構

TEL:075-643-0407

外国人留学生が日本で安定した生活を送り、日本と世界を結ぶ人材として成長することを支援。 アルバイトや住まいの情報も提供してくれます。

 

●京都地域留学生交流推進協議会

TEL 075-753-2488

留学生のためのさまざまな生活情報を提供。 さらに京都で学ぶ留学生と日本人学生との交流を深めるイベントも数々実施しています。

お問い合わせはこちら

進学ガイド

現役大学生向け情報

外国人留学生向け情報

職業実績専門課程 認定校一覧

一般社団法人 京都府専修学校各種学校協会

京都市下京区室町通高辻上る山王町561

(京都私学会館内)

TEL.075-344-2330 FAX.075-344-2350